インプラントの治療と一言に言っても、実は患者さんに合わせて多種多様な方法があるものです。なかにはインプラントの手術ができない人もいます。そんななか、インプラントの方法としておすすめされているのがオールオン4という方法です。入れ歯の問題点を補い、硬いものも難なく食べられるくらい安定していて、手入れも心配ない。インプラントとオールオン4の基本から知りましょう。

ワイヤーで歯列矯正したくないという方に耳寄り情報!

歯並びが悪い時に行う治療が、歯列矯正です。
ガタガタした歯並びをきれいにするためには、歯の表面にワイヤーの装置を付けて少しずつ動かしていくというのが一般的な矯正歯科治療です。
矯正歯科にかかる期間は2~3年ほどが平均的な期間なので、矯正歯科治療を受けている間はワイヤーが目立ってしまうことになります。
金属のワイヤーは口を開ければすぐに歯列矯正をしていることが分かってしまいます。
人前に出る職業などで矯正治療を受けたくても、装置が気になって治療に踏み込めないという患者さんもいました。

ワイヤーで歯列矯正したくないという方は意外と多くいますが、耳寄りな情報があります。
インビザラインという新しい歯列矯正の方法です。
インビザラインは、歯型を取って作られたマウスピースです。
歯型にぴったり合うのではなく、歯が動くように設計されているため、初めて装着するときつく感じます。
マウスピースは透明なので装着していても目立たないという特徴があります。

さらに、ワイヤー装置は自分では外すことができませんが、マウスピースは自分で取り外しができます。
そのため、食事の際には外して、歯磨きもいつも通りに行うことができます。
マウスピースも洗って使えるので衛生的です。
歯の移動に合わせて定期的に作り直すので、常にきれいな状態で装着できます。

マウスピースは口に合った形になっているので、発声にも問題がありません。
粘膜が引っかかって痛みが出るということもなく、安心です。
ワイヤーで歯列矯正することに抵抗を感じていた人も、インビザラインであれば問題なく治療を受けることができます。
マウスピース矯正とも呼ばれていて、患者さんからの人気も高い方法です。

マウスピース矯正は従来の歯列矯正にはなかった審美性の高い治療です。
自分で取り外しができ、ワイヤーが付いたままではないので、歯磨きもやりやすく虫歯のリスクも軽減できます。
治療にかかる期間はワイヤーとそれほど変わらないために、歯並びがきれいになるまでに時間がかかってしまうこともありません。

ただ、インビザラインは新しい治療法なので、全ての矯正歯科で扱っているというわけではありません。
治療を希望する場合は、歯科医院でインビザラインを扱っているかどうかの確認が必要になります。
ワイヤーではない矯正方法が登場したことで、今まで装置のために治療ができなかった人にも矯正歯科が受けられるようになるメリットがあります。