インプラントの治療と一言に言っても、実は患者さんに合わせて多種多様な方法があるものです。なかにはインプラントの手術ができない人もいます。そんななか、インプラントの方法としておすすめされているのがオールオン4という方法です。入れ歯の問題点を補い、硬いものも難なく食べられるくらい安定していて、手入れも心配ない。インプラントとオールオン4の基本から知りましょう。

インプラント治療は歯を失ったときに行う治療の一つです。
顎の骨に人工の歯根を埋め込んで固定させ、それを土台として人工の歯を取り付けるので安定感に優れていることが特徴です。
インプラント治療は一部の歯が抜けた場合に適用できることはもちろん、全ての歯を失った状態である無歯顎に対しても適用できます。
無歯顎の状態で一本一本インプラント治療を行うと治療に時間がかかるだけでなく、患者にとっても負担となります。
そこで、無歯顎に対して行うインプラント治療が開発され、それをオールオン4と言います。
以前、愛知に出張だった際、虫歯がどうしても痛くなり、歯科に行ったのですが、その時にオールオン4のことを初めて教えてもらいました。

オールオン4は片顎に対して人工の歯根を4本埋め込むことで片顎の人工の歯全体を支える治療です。
片顎あたり4本の人工の歯根を埋め込むことで噛み合わせを回復することができます。
普段の食事を違和感なく摂ることができることはもちろん、自然な見た目を回復することができます。

治療はまずカウンセリングから行われます。
その後、口腔内の検査が行われます。
歯全体を支えるので数本の歯が残っているケースにおいてはまず残っている歯の抜歯から行います。
従来のインプラント治療においては次の段階として人工の歯根を埋め込む部位の顎の骨の状態の確認が行われ、十分な強度がないと医師が判断すれば強度を上げるための治療を追加で行います。
しかしながら、オールオン4においては顎の骨の強度が高い部位を選んで埋め込むので、ほとんどのケースで強度を上げずに埋め込むことができます。

埋め込む位置を決定したら人工の歯根を埋め込むための手術を行います。
従来のインプラントでは手術を終えた後は一定期間そのままの状態で経過観察を行う必要があり、食事が摂りにくいなどの日常生活に影響がありました。
オールオン4においては手術をしたその日のうちに仮歯を取り付けることができます。
そのため、食事を摂ることができるので患者への負担軽減につながります。

人工の歯根を埋め込んで一定期間が経過して顎の骨と人工の歯根が結合されたことを確認してから人工の歯を取り付けます。
人工の歯を取り付けるときには噛み合わせが正常であるかを確認します。
安定した噛み合わせであると判断されると取り付けに関する治療は終わります。

ただ、取り付けた人工の歯、ならびに歯根をいつまでも安全に使用するためには定期的なメンテナンスが欠かせません。
そのため、日ごろの歯磨きに加えて、定期的なメンテナンスを受診することが大事なこととなります。

オールオン4は入れ歯よりもお勧めできる

これまでは全ての歯を失った無歯顎の状態になると入れ歯が第一の選択肢でした。
入れ歯は保険適用の治療であり、方法も確立されており安全性や信頼性については問題ありません。
治療回数が少なく、短期間で行うこともできます。
しかしながら、日常生活においてさまざまなデメリットもあります。

オールオン4と入れ歯の比較

食べ物を噛む事ができない女性問題点としてまずは噛むときに不安定になることがある点です。
固い食べ物を食べるときにしっかりと噛むことができないという問題点があり、装着したときに違和感を覚えるケースもあります。

オールオン4はこれらの問題点を改善することができます。
人工の歯根を埋め込むことからしっかりと固定することができ、それによって固い食べ物でもしっかりと噛めることにつながります。
人工の歯根を埋め込むときには顎の骨に加わる力などを検討したうえで埋め込むので安定感に優れています。

入れ歯であれば取り外して洗浄するなどの作業が必要ですが、オールオン4では一度取り付ければ基本的に取り外すことはありません。
インプラント周囲炎などの発症を防ぐために定期的なメンテナンスを受診する必要がありますが、数か月に1回の頻度のことです。
それ以外はていねいな歯磨きをすれば問題はないので負担軽減につながります。

また、入れ歯は色合いなどがあらかじめ決まっており、取り付けたときに見た目に関する違和感も気になる点ですが、オールオン4では歯の色合いも自然な感じに仕上げることが可能です。

治療回数は検査、手術、取り付けなどがあるので入れ歯治療よりも多くなります。
オールオン4は無歯顎に対して行う治療ですので抜歯が必要な場合は、それも別に行われることとなります。
虫歯治療のように短期間で終えることができるものではないので、医院選びもポイントとなります。

どの歯科医院を選ぶべきか?

歯科医院を選ぶときには十分な実績がある医院を選ぶ必要があります。
オールオン4は優れた技術が必要で、さらに精密な医療機器も必要です。
それらが揃っている医療機関を選ぶ必要があります。
また、治療が長期間にわたることを考えると、通院のしやすさについても検討する必要があります。
遠方から通院する必要がある場合には診療時間のことなどを医師と相談することが大事です。
自分の場合は、結局名古屋に転勤になったので、地元の同僚から名古屋市のインプラント治療ができる歯科を紹介してもらい、そこに通いました。やはり実際に通っていた方からの評判を聞くのが安心です。

噛み合わせをしっかりと回復することは食事を楽しむだけでなく、肩こりなどのさまざまな症状の改善に効果的です。
そういった症状がある場合には入れ歯ではなく、オールオン4もひとつの選択肢であると言えます。